pdf

効果的なエクセル変換 PDF 方法とは?


エクセル変換をマスターしましょう!
エクセル 変換 簡単です Homeへ
  pdf

エクセル変換 PDFは、奥が深いのは、なぜ!?


 EXCEL←→PDF変換は、PDFが国際標準となり、利用する人が増えてきました。
 したがって、表計算データが、EXCEL形式でなくPDF形式で保存され、配布されるようになりました。

   なぜ、表計算データが「EXCEL形式」ファイルではないのでしょうか?



 理由は、PDF「ファイルフォーマットの重要性」 にあるのです。
Portable Document Format (PDF)とは、電子上の文書に関するファイルフォーマットです。
特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っており、
2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化されました。(PDF Wikipediaより引用)
PDFは、1)仕様が複雑 2)画面で見づらい 3)読み込み時間がかかる 4)内部のテキストが編集不可などの短所が指摘されています。
しかし、ISO品質文書・公的書類には、標準化されたPDF書類が非常に多くなりました。
このことは、PDFが表計算データをも取り込み、奥が深い理由かも知れません。
この記事では、安心できる代表的な内容を簡単に説明しました。


1.エクセル→PDF 変換
●Excel2007を使用している人のために、エクセルBookをまとめてPDFへ変換できるソフトをダウンロードできます。
このソフトは、「ドロップ」 するだけで複数のエクセルxls又はxlsxファイルを変えることができます。
  条件は、Microsoft PDF/XPSを無料でダウンロードし、利用できる状態になっていることです。
  zipファイルをダウンロードし、解凍した後、vbsファイルにドロップするだけで変換できます。
Microsoft PDF/XPSの無料でダウンロードは、この記事の『(3)アドイン』を参照ください。

(1)印刷
  エクセル・シートを印刷する際、印刷イメージをPDFファイルとして出力する方法です。
  Primo PDF
  ●PrimoPDF はフリー ソフトウェアです!体験版ではありません。
  ●300 以上のファイル形式に対応!
  ● 規格に合った PDF の作成
  ●スクリーン用(オンライン表示)、印刷用、ebook、および prepress 用に適した PDF の作成可能
  ●文書情報 (タイトル、作成者、サブタイトル、キーワード) の追加可能

ダウンロードなど詳細は、エクセル 変換 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(2)マクロ
Acrobatのヘルプより引用しました。
Microsoft Office アプリケーションファイルのPDFへの変換( Windows)ができます。
Windows 上でAcrobat を標準インストールすると、Adobe PDFMaker というマクロがインストールされます。
Microsoft Office アプリケーション内部かファイルを素早くかつ簡単に作成するためのマクロです。
最初マクロが見えない場合があります。
EXCELのヘルプで「PDFMaker」と入力し、検索すると、Microsoft Onlineのリンクが表示されます。
ダウンロードなど詳細は、pdf リンク集 の記事を参照ください。

(3)アドイン
pdf xps
  EXCEL2007の場合、Microsoft PDF/XPSを無料でダウンロードでき、PDFでファイルを保存することが出来ます。
  「名前を付けて保存」をマウスで選択すると、保存ファイル形式メニューの一つに「 PDF または XPS(P)」を確認できます。
ダウンロードなど詳細は、エクセル 変換 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(4)有料・専用ソフト
アンテナハウス株式会社は、
PDF活用ツールの新版「リッチテキストPDF5.2 スタンダード」、
「リッチテキストPDF5.2 プロフェッショナル」を2009年8月24日より出荷開始、8月29日より店頭販売する、と発表しました。
■Office文書からPDFを作成。
・紙に印刷する感覚でPDFを作成できる「Antenna House PDF Driver V4.0 Professional」を標準添付。
簡単な操作で美しく作成できます。
・今バージョンでは、操作画面上でOffice(Word、Excel、PowerPoint)文書の見出しやリンクなどをPDFのしおり変換する指定が可能となり、使い勝手が更にアップするそうです。

一方、専用ソフトが販売されており、その「PDFオートコンバータEX」の主な特徴は、次の通りです。
1)PDF自動変換システムで苦労された人が考慮されています。
2)各種マニュアルや管理ファイル、画像、大量のWord、Excel、PowerPointを変えたい場合、
3)定期的にPDFファイルへ変換したいファイルがあり、ファイル数が多く困っている場合、
4)経費削減、業務改善、業務効率アップ、文書管理、ファイル管理、フォルダ管理のため、各部署、社員、取引先別に各種ファイルをPDFファイルへ変換し、管理したいと,考える場合、有効だそうです。
ダウンロードなど詳細は、 pdf リンク集 の記事を参照ください。


2.エクセル←PDF 逆変換
  この逆変換は、1)テキストのみ変換 2)画像のみ「切り取り」 3)テキスト+画像 変換の3つに分かれます。
(1)手動 フリー
  この逆変換は、「テキスト」の変換と、「画像」変換とを別に処理します。

  1)まず、テキスト(文字コードで表示)
  AdobeReaderにより読み込まれたPDF文書は、セキュリティーオプションで「抽出」禁止などが設定されていない場合、次の操作で、EXCELのセルへテキストデータの表全体をコピー&ペーストできます。
  この方法は、最も簡単な変換方法です。 理由は、エクセルは、表計算ソフトだからです。
  Acrobat Readerで表(テーブル)をマウスで選択し、コピーします。
  次に、ワードパッド又はワード(Word)にペーストします。
  表(テーブル)の形式を保ち、ペーストできます。
  その表を改めてコピーし、Excelにペーストすると、表全体を変換できます。
◎注意: 使用したPDFは、excelブックから作成しました。
  列単位で変換したい場合、次の方法が有効です。
  ●Reader 9以降で表示されたPDF文書は、「 Alt 」キーを押してテキストを列方向にマウス選択し、コピーできます。
  実際に、ファイルを Adobe Reader 9.0 以降のバージンで開き、「 Alt 」キーを押して確認願います。


  2)文字列がイメージデータ
  一方、「画像」は、Adobe Readerの「ツール」ー「選択とズーム」ー「スナップショット」でクリップボードへコピーできます。
  なお、テキストが「画像」の場合、記事の後半で説明した「OCR」ソフトを使用し、「画像」をテキストへ変換します。
  また、Readerでは、セキュリティーレベルを最低にしたPDF文書の場合、テキストを選択コピーできます。
  さらに、「テキスト保存」をメニュから選択、テキストtxtファイルに保存し、そのファイルをEXCELへコピー&ペーストできます。
ダウンロードなど詳細は、 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(2)Acrobat
  Acrobatの逆変換は、「テキスト」+「画像」を変換します。
  Acrobat 6.0 以降のバージョンは、PDF文書をワード(Word)へ変換することが出来ます。
  したがって、ワードからコピー&ペーストすることにより、テーブルをPDFから間接的にEXCELへ変えることができます。
ダウンロードなど詳細は、エクセル 変換 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(3)OCR
  PDF文書は、印刷し、スキャナーで取り込みOCRソフトを使用し、「テキスト」へ変えることができます。
  最近のOCRは、文字認識能力が良くなり、フォントサイズを11ptにした場合、比較的精度よく認識できます。
  数十年前には、40文字あたり2〜3文字は、誤変換していました。したがって、修正が大変でした。
  文書をキーボードから打ち込んだ方が速い、と言われていた時代があったのです。
  一方、「画像」は、アクセサリの「ペイント」で容易に「切り取り」することができ、エクセルへコピー&ペーストしたり、別の方法としてファイルとしてEXCELに「挿入」できます。
  1)SmartOCR Lite (フリー)
   このソフトは、「2005年 窓の杜大賞」において、「構造改革賞」として窓の社編集部が選出した作品です。
   受賞理由は、日本語対応の活字OCRを作成するには高度な画像認識技術や膨大な字形のデータが必要なため、
   フリーソフトで実現するのは無理だろう、というのがこれまでの常識でした。
   そこにさっそうと登場し、高い認識率でフリーソフトの壁を打ち破ったので「SmartOCR Lite Edition」に“構造改革賞”が贈られました。
   画像を範囲選択するだけで即座に識字できる“スマート認識”や
   複数ペインの自由な配置などの機能を備えており、使い勝手が良いことも評価のポイントでした。
   フォントサイズが11pt以上にすると、認識率が向上します。
ダウンロードなど詳細は、 pdf リンク集 の記事を参照ください。

  2)Acrobat 6.0以降のバージョン
  Acrobat 6.0以降のバージョンには、OCR機能があります。

  3)OCR有料ソフト
  優秀なOCRソフトが比較的安い価格で入手できます。
ダウンロードなど詳細は、 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(4)ワードへ変換
  この逆変換は、「テキスト」+「画像」で変えます。
  PDFは、EXCELと比較し、容易にワード(Word)へ変えることができます。
  ワードからエクセルへコピー&ペーストで変換できます。
  1)PDF2Word(pdf to word) (シェアウェア)
  このソフトウェアは、PDFドキュメントからテキスト・画像・他のコンテンツをワードドキュメントにエクスポートします。
  100回の無料試用が出来ます。 また、日本語が正確に変えることができます。

  2)オンライン PDF word/excel変換
  メールアドレスを入力し、オンライン・フリーで実行してくれるサイトがあります。
  但し、広告メールがたくさん送信される可能性があり、注意が必要です。
ダウンロードなど詳細は、エクセル 変換 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(5)jpg
   PDF文書は、スキャナーでPCに取り込み、「画像」としてファイルへ保存できます。
   その画像は、「アクセサリ」−「ペイント」でjpg形式ファイルとしてEXCELへ「挿入」できます。
   一方、Adobe Reader 9.1 は、セキュリティー保護レベルが低い場合、テキストを「選択」でき、画像を「切り取り」できます。
   もっと単純に、「すべてを選択」し、クリップボードの内容をEXCELへiコピー&ペーストできます。
   (※ TIFFファイル形式にすると、より美しく変えることができます。)
ダウンロードなど詳細は、 pdf リンク集 の記事を参照ください。

(6)online PDF 変換
   オンラインでPDF→EXCEL変換が無料で出来る海外のサイトがあります。
   この逆変換は、「テキスト」+「画像」を変えます。
   メールアドレスの入力を要求されるため、広告メールが大量に送信されて来る可能性があります。
   Googleで「 pdf to excel for free 」のキーワードで検索するとサイトのリンクを見つけることが出来ます。
    また、online PDF to Excel へアクセスし、PDFからEXCELブックへ変換できます。

(7)有料・専用ソフト
  このソフトは、PDF→EXCEL逆変換を「テキスト」+「画像」で実現します。
  市販されているPDF エクセル変換ソフトを、「品質」「価格」「納期」の3つの主なポイントを示しました。
  主に有名メーカーの製品の中から特徴的なポイントを説明しました。

  1)品質
     フォントサイズが小さい場合、また、廉価版のソフトの場合、誤変換・文字化けが多く発生します。
     したがって、PDF文書の文字を大きく、解像度を高めて作成する必要があることが分かります。
     また、海外のPDF変換ソフトの場合、日本語が正常に変換されない商品があります。
     このような場合を考え、購入する前に試用版・体験版又はTRYなどでテストし、購入する必要があることが分かります。
  2)価格
    価格を6分類し、原則として、予算額を決める際の参考としました。
    価格は、メーカーの販売価格を基準にしています。
     @ 1,300円から2,000円台  ソースネクスト社の製品がここに分類されます。誤変換・文字化けが多いです。
     A 3,000円から5,000円まで 主に多くのメーカの機能限定版がこの価格帯で販売されています。
     B 5,000円超から1万円まで  主にJUST System社の製品がこの価格帯です。
     C 1万円超から3万円まで アンテナハウス社、ジャングル社の製品がここに入ります。
                       アンテナハウス社は、PDF変換に20年以上の実績があるそうです。
     D 3万円超から6万まで Acrobatがこの分類に入ります。
     E 6万円超         PDF変換の専用ソフトがここに分類されます。
   必要な機能や使用頻度、変換精度などが購入するための判断基準になるかも知れません。
※ pdf 変換ソフト一覧の一部ををアマゾン pdf 変換 ソフト
で見ることができます。
  3)納期
   通販の場合、在庫があれば納期は、2〜3日以内となっています。

ダウンロードなど詳細は、 pdf リンク集 の記事を参照ください。



エクセル変換で簡単にデータを広く活用できます。
エクセル 変換 簡単です Homeへ
エクセル←→PDF変換の詳細は、次のリンク先で概要を説明しました。
  エクセル 変換 pdf 簡単です。
posted by Yy at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(2) | pdf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pdf リンク集

効果的なエクセル変換 pdf 方法とは?


エクセル変換をマスターしましょう!
エクセル 変換 簡単です Homeへ
pdf リンク集

エクセル変換 PDF に関連したリンクを示しました。


エクセル 変換 PDF に関連したリンク集です。
ダウンロードサイト、アプリケーションの案内サイトなどを紹介しました。
主にフリーpdf ソフトとなっています。
注意: 比較的信頼できるサイトのみです。 しかし、使用法を良く読み、活用ください。

1.エクセル→PDF 変 換
(1)印刷
  エクセル・シートを印刷する際、印刷イメージをPDFファイルとして出力する方法です。
  Primo PDF
Microsoft .NET Framework 2.0 以上が必要です。
システムにインストールされていない場合は、PrimoPDF をインストールする前に、こちらよりダウンロードしてインストールしてください。
PrimoPDF は、Vectorからダウンロードできます、こちらよりダウンロードしてインストールしてください。

(2)マクロ
Adobe Acrobat PDFMakerのダウンロードリンクを示しました。
Adobe Acrobat PDFMaker 6.0 またはそれ以降のバージョンをインストールするには、以下の Adobe Web サイトにアクセスしてください。
http://www.adobe.com/jp/support/downloads/acwin.html
注意 : Acrobat for Windows 用のダウンロード サイトの場所は変更されることがあります。
  変更された場合、Adobe のホーム Web サイトにアクセスしてください。
http://www.adobe.com/jp/

(3)アドイン
  EXCEL2007の場合、Microsoft PDF/XPSを無料でダウンロードでき、PDFでファイルを保存することが出来ます。
  「名前を付けて保存」をマウスで選択すると、保存ファイル形式メニューの一つに「 PDF または XPS(P)」を確認できます。
2007 Microsoft Office プログラム用 Microsoft PDF/XPS 保存アドイン

(4)有料・専用ソフト
アンテナハウス株式会社は、
PDF活用ツールの新版「リッチテキストPDF5.2 スタンダード」、及び
「リッチテキストPDF5.2 プロフェッショナル」を2009年8月24日より出荷開始、8月29日より店頭販売する、と発表しました。
アンテナハウス株式会社

専用ソフト「PDFオートコンバータEX」の案内サイトのリンクは、次の通りです。
PDFオートコンバータEX


2.エクセル←PDF 逆 変 換
(1)Adobe Reader
  テキスト(文字コードで表示)
  AdobeReaderにより読み込まれたPDF文書は、セキュリティーオプションで「抽出」禁止などが設定されていない場合、次の操作で、EXCELのセルへテキストデータの表全体をコピー&ペーストできます。
  この方法は、最も簡単な変換方法です。 理由は、エクセルは、表計算ソフトだからです。
  Acrobat Readerで表(テーブル)をマウスで選択し、コピーします。
  次に、ワードパッド又はワード(Word)にペーストします。  表(テーブル)の形式を保ち、ペーストできます。
  その表を改めてコピーし、Excelにペーストすると、表全体を変換できます。
◎注意: 使用したPDFは、excelブックから作成しました。
  列単位で変換したい場合、次の方法が有効です。  
  ●Reader 9以降で表示されたPDF文書は、「 Alt 」キーを押してテキストを列方向にマウス選択し、コピーできます。
  実際に、PDFファイルを Adobe Reader 9.0 以降のバージンで開き、「 Alt 」キーを押して確認願います。
Adobe Readerの最新バージョンおよび旧バージョンのダウンロード

(2)Acrobat
  Acrobatの 逆 変 換は、「テキスト」+「画像」を変換します。
  Acrobat 6.0 以降のバージョンは、PDF文書をワード(Word)へ 変 換 することが出来ます。
  したがって、ワードからコピー&ペーストすることにより、テーブルをPDFから間接的にEXCELへ 変 換 できます。
Adobe Acrobatファミリーの説明

(3)OCR
  1)SmartOCR Lite (フリー)
   このソフトは、「2005年 窓の杜大賞」において、「構造改革賞」として窓の社編集部が選出した作品です。
   フォントサイズが11pt以上にすると、認識率が向上します。
   窓の社からダウンロードできなくなりました。 次のリンクから入手できます。
活字 OCR ソフトウェア SmartOCR Lite Edition 1.0



  2)Acrobat 6.0以降のバージョン
  Acrobat 6.0以降のバージョンには、OCR機能があります。
Adobe Acrobatファミリーの説明

  3)OCR有料ソフト
  優秀なOCRソフトが比較的安い価格で入手できます。
OCR ソフト

(4)ワードへ 変 換
  この逆変換は、「テキスト」+「画像」で変換します。
  PDFは、EXCELと比較し、容易にワード(Word)へ変換できます。
  ワード→Webページ→エクセルで変換できます。
  もちろんコピー&ペーストで、Microsoft Officeの間で変換できます。
  また、逆変換ワード←Webページ←エクセルがこの方法で可能です。
  1)PDF2Word(pdf to word) (無料)
無料のPDF2Word

  2)オンライン PDF word/excel変換
  メールアドレスを入力し、オンライン・フリーで変換してくれるサイトがあります。
  但し、広告メールがたくさん送信される可能性があり、フリーメールアドレスが必要です。
  次のサイトでは、DOC,XLS,XSLX JPGなどに変換できます。
ZAMZAR Free online File Converter.



(5)jpg
   PDF文書は、スキャナーでPCに取り込み、「画像」としてファイルへ保存できます。
   その画像は、「アクセサリ」−「ペイント」でjpg形式ファイルとしてEXCELへ「挿入」できます。
   一方、Adobe Reader 9.1 は、セキュリティー保護レベルが低い場合、テキストを「選択」でき、画像を「切り取り」できます。
   もっと単純に、「すべてを選択」し、クリップボードの内容をEXCELへiコピー&ペーストできます。
   (※ TIFFファイル形式にすると、より美しく変換できます。)
  次のサイトでは、JPG,XLS,XSLX、DOCなどに変換できます。
ZAMZAR Free online File Converter.



(6)online PDF 変 換
   オンラインでPDF→EXCEL変換が無料で出来る海外のサイトがあります。
   この逆変換は、「テキスト」+「画像」を変換します。
   メールアドレスの入力を要求されるため、広告メールが大量に送信されて来る可能性があります。
   したがって、フリーメールアドレスが必要です。
   Googleで「 pdf to excel for free 」のキーワードで検索するとサイトのリンクを見つけることが出来ます。
    また、online PDF to Excel へアクセスし、PDFからEXCELブックへ変換できます。

(7)有料・専用ソフト
  このソフトは、PDF→EXCEL逆変換を「テキスト」+「画像」で実現します。
  市販されているPDF エクセル変換ソフトを、「品質」「価格」「納期」の3つの主なポイントを示しました。
  主に有名メーカーの製品の中から特徴的なポイントを説明しました。

※ pdf 変換ソフト一覧の一部をアマゾン pdf 変換 ソフト
で見ることができます。
  納期
   通販の場合、在庫があれば納期は、2〜3日以内となっています。



エクセル変換で簡単にデータを広く活用できます。
エクセル 変換 簡単です Homeへ
エクセル←→PDF変換の詳細は、次のリンク先で概要を説明しました。
  エクセル 変換 pdf 簡単です。
posted by Yy at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | pdf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。